動物好きの子連れ旅行記

野生動物観察をテーマに、子連れで旅行した記録です。

2016年夏アメリカ西部国立公園子連れ旅行記⑤〜イエローストーン国立公園観光編

2016年夏に子連れ(6歳と3歳)でアメリカ西部の国立公園を周遊しました。

今回はイエローストーン公園編です。

グレイシャー国立公園からイエローストーンまでの移動編はこちら↓ 

doubutsu-koduretabi.hatenablog.com

この旅行記を最初から読むときはこちら↓

doubutsu-koduretabi.hatenablog.com

 

今回はイエローストーン国立公園編です。

イエローストーン国立公園の基本情報

イエローストーン国立公園は、モンタナ州ワイオミング州アイダホ州にまたがっています。世界初の国立公園としても知られ、世界遺産にも登録されています。

アクセス

最寄の空港は、ウエスイエローストーン空港。夏の間のみソルトレイクシティからのフライトがあります。便数が限られているので、予約はお早めに。

グランドティートン国立公園内のジャクソンホール空港やモンタナ州のボーズマン空港は通年オープンでシアトル、ロサンゼルス、デンバーなど米国主要都市からのフライトがあります。どちらの空港からもイエローストーン国立公園までは1時間〜1時間半くらいです。

最寄の国際空港は、ユタ州ソルトレイクシティ空港ですが、イエローストーンまでは車で5時間半くらいかかります。

入場料

車一台35ドル(7日間有効)。我が家はグレイシャー国立公園で買った国立公園年間パスを使いました。

ゲートシティ

イエローストーン国立公園には、北口、北東口、東口、南口、西口の5つのゲートがあります。

ゲートシティとして便利なのは北口のガーディナ、西口のウエスイエローストーン、北東口のクックシティ。いずれもゲートのすぐ外に小さい町があり、宿泊施設やレストラン、お店が並んでいます。

冬に行く場合は、北口以外は道路が通行止めとなるのでご注意を。

国立公園内のビレッジ

四国の半分という広大な面積のイエローストーン国立公園。公園内には、5つのビレッジがあり、各ビレッジには宿泊施設、レストラン、ショップ、ガソリンスタンドがあり、観光の拠点となっています。

公園内には見どころが点在しているので、ビレッジを移動しながら泊まるのが理想ですが、夏場は1年前から公園内のホテルは満室になります。キャンプ場もいっぱいになるので予約はお早めに。

公園内の宿泊は、Yellowstone National Park Lodgesで一括で予約できます。

Yellowstone National Park Lodges

我が家はプランニングが遅く、園内のホテルが取れなかったので、北口のガーディナを拠点にしました。

イエローストーン国立公園の見どころ

イエローストーン国立公園内の道路は8の字のようになっていて、上がアッパーループ、下がロウアーループと呼ばれています。アッパーループは一周113km、ロウアーループは一周155km。

とても1日では回りきれない距離なので、何日かかけて観光しましょう。我が家は4日間かけて観光しました。

アッパーループの見どころ

マンモスホットスプリング

石灰でできた白い階段状のテラスが見られます。ビレッジの近くで、それほど距離を歩かなくても観光できるので子連れにも向いています。

f:id:morityon:20190628040100j:image

ボードウォークは階段が多いので、ベビーカー不可。日陰がないので、晴れた日は日差し対策を。

ボイリングリバー

北口ゲートからマンモスビレッジに行く途中にある川に湧いた温泉です。温泉と川の水が混ざって温水プールのように遊べます。

着替え場所もなく、ワイルドな川そのものなので、少し大きい子向けです。

グランドキャニオン

イエローストーン国立公園の中にもグランドキャニオンがあるんです。川が削り出した渓谷と滝の見事な景観が楽しめます。

渓谷が黄色くて、まさにイエローストーンの名前を表しています。

f:id:morityon:20190628040105j:image

アッパーフォールズの展望台は駐車場からすぐで、段差のないルートなのでベビーカーもOK。この辺りのトレイルは階段が多いですが、距離が短いので子連れのハイキングにも良さそうです。

近くにはキャニオンビレッジがあります。

ロウアーループの見どころ

オールドフェイスフル

イエローストーン国立公園を象徴する間欠泉、オールドフェイスフル。比較的規則正しく噴出するので、予定が立ちやすいです。

f:id:morityon:20190628040137j:image

近くのビジターセンターで予想噴出時間を確認できます。ここのビレッジににある歴史的建築のオールドフェイスフルロッジも見どころの一つです。

オールドフェイスフルビレッジからモーニンググローリープールまでのトレイルは平坦なのでベビーカーでも行けます。子供と温泉の川や間欠泉を見ながらのんびり歩いて往復2時間ほどのハイキングでした。

グランドプラズマティックスプリング

オールドフェイスフルからロウアーループを北西に進んだ先にあります。

公園内最大のカラフルな温泉で、オールドフェイスフルと並ぶイエローストーン国立公園のシンボルになっています。

プールをぐるっと一周するボードウォークからはとても全容は見られませんが、地熱の熱さとカラフルな色合いに地球の神秘を感じました。

f:id:morityon:20190628040148j:image

ベビーカーでも大丈夫ですが、とにかく人が多いので気をつけて。

ビスケットベイスン

オールドフェイスフルとグランドプラズマティックスプリングの中間にあります。

ここの見どころはサファイアプール。吸い込まれるような青さが特徴です。

f:id:morityon:20190628040202j:image

サファイアプール以外にも、ボードウォークを歩きながら色とりどりのプールを見ることができます。ベビーカーOK。

次の記事、グランドティートン国立公園観光編はこちら↓

doubutsu-koduretabi.hatenablog.com