動物好きの子連れ旅行記

野生動物観察をテーマに、子連れで旅行した記録です。

2016年夏アメリカ西部国立公園子連れ旅行記①〜準備編

2016年夏に6歳と3歳の子連れでグレイシャー、イエローストーングランドティートンの3つの国立公園を旅行しました。

2016年6月に米国に引っ越した我が家にとって、アメリカでの最初の夏休み。雄大な自然とそこに生きる動物たちを観察する旅になりました。

グレイシャー国立公園

グレイシャー国立公園は、モンタナ州北部、カナダとの国境に位置する国立公園です。カナダのウォータートンレイク国立公園とつながっていて、2つの国立公園を合わせてウォータートン・グレイシャー国際平和自然公園と呼ばれ、世界遺産にも登録されています。

冬は雪深い地域なので、ベストシーズン短い夏。たくさんのトレイルが用意されていて、ハイキングが人気です。

Glacier National Park (U.S. National Park Service)

イエローストーン国立公園

日本に住んでいた時から行きたいと思っていたイエローストーン国立公園。世界で最初の国立公園として知られ、世界遺産にもなっています。

火山活動が活発で、地熱や間欠泉といった火山にまつわるスポットが数多くあります。

また、公園内にはクマやバイソンなど、野生動物が生息して、動物を観察しやすい国立公園とひとつでもあります。

Yellowstone National Park (U.S. National Park Service)

グランドティートン国立公園

イエローストーン国立公園の南に位置する国立公園です。

イエローストーンのオマケ扱いされがちですが、アメリカで最も美しい国立公園とされています。その称号のとおり、ティトン山脈が美しく、山好き必見の国立公園だと思います。

Grand Teton National Park (U.S. National Park Service)

旅行の手配

ルート作りをプロに頼む

今回旅行した国立公園は、じっくり見ようと思ったらひとつの国立公園につき1週間はかかるくらい広いです。

限られた日程で効率よく周るならツアーが1番だと思います。が、3つの国立公園を一度に訪れるツアーはあまりなく、あったとしても日程がタイトものがほとんどでした。

ツアーに参加せずに周るならルート作りが肝心で、これこそ個人旅行の醍醐味でもありますが、引越しのバタバタでそこまで手が回らず。そこで、現地の旅行代理店にお願いすることにしました。

問い合わせたのは、どちらもモンタナ州に拠点を置く日系の2社。

イエローストーンホライズンズ

日本人経営のB&Bと貸しコテージに泊まりながら国立公園をガイドしてもらえます。問い合わせだところ、残念ながら日程が合いませんでしたが、便利な空港や国立公園の回り方について教えてくれました。

イエローストーンホライゾンズ アメリカ モンタナ州 完全日本語のツアー&ガイド 世界遺産イエローストーン国立公園観光-Yellowstone National Park-

イエローストーン・グレイシャー・アドベンチャー

ガイド付きのフルエスコートツアーもやっていますが、我が家は予算の都合でルート作りとホテル手配だけお願いしました。

日本語堪能なガイドのスティーブさんが、メールやスカイプで色々と相談に乗ってくれました。事前に地図や資料を郵送してくれるので、イメージが湧きやすかったです。

ウェブサイトはこちら↓

NATIONAL-PARK-TOURS.COM

往復のフライトとレンタカーは自分で予約して、スケジュールが決まりました。

旅行日程

こうして旅行日程ができあがりました。

8月13日 カリスペル空港着後、グレイシャー国立公園近くのコテージへ。

8月14〜15日 グレイシャー国立公園観光。

8月16日 グレイシャー国立公園からイエローストーン国立公園へ移動(約7時間)。

8月17〜19日 イエローストーン国立公園観光。

8月20〜21日 グランドティートン国立公園観光。

8月22日 イエローストーン国立公園を経由し、ボーズマンへ移動(約2時間)。

8月23日 ボーズマンより帰路へ。

 

次の記事、グレイシャー国立公園観光編はこちら↓

doubutsu-koduretabi.hatenablog.com