動物好きの子連れ旅行記

野生動物観察をテーマに、子連れで旅行した記録です。

春の立山でライチョウを見る!行程とまとめ

2021年6月、梅雨入り前の館山にライチョウを見に行ってきました。

今回は、旅行の行程&旅行記のまとめです。

日本には高山帯にしか生息していないライチョウライチョウの観察場所として有名なのが、乗鞍岳立山室堂です。

ライチョウ

立山室堂は、ターミナル直結のホテル立山が毎年5〜6月にライチョウウォッチングツアーを主催しているうえ、立山黒部アルペンルートでいろんな乗り物を乗り継いで行けるので、鳥に興味のない子どもでも楽しめると思い、6月に立山を訪問しました。

立山は、コロナ禍で旅行もままならなかった時に、行きたいと思っていた場所です。 

doubutsu-koduretabi.hatenablog.com

0日目:自宅〜大町温泉へ

土日の1泊2日で立山を訪れるのは、ちょっと慌ただしい…ということで、金曜日に長野の大町温泉で前泊することに。

会社を早退&子どもたちが下校した夕方に自宅を出発。大町温泉についたのはもう夜の22時近くでした。

doubutsu-koduretabi.hatenablog.com

1日目:扇沢から室堂へ 

前日に大町温泉まで移動したおかげで、この日は宿をゆっくり出発。長野側の扇沢から立山黒部アルペンルートに入ります。

黒部ダム&黒部湖を満喫!

doubutsu-koduretabi.hatenablog.com

乗り物を乗り継いで、室堂まで移動。お天気に恵まれ、室堂までの道中も景色がきれいでした。

doubutsu-koduretabi.hatenablog.com

室堂到着後は、雪の大谷散策&ライチョウ探しです。週末といえど閑散期なので人が少なく、ゆったりと大自然を堪能できました。

ラッキーなことに、ライチョウも発見!

doubutsu-koduretabi.hatenablog.com

奮発してホテル立山に宿泊!標高2,450の山の上とは思えないほどのおもてなしとお食事でした。また泊まりたい!

doubutsu-koduretabi.hatenablog.com

2日目:ライチョウウォッチングツアーに参加

念願のライチョウウォッチングに参加です。ガイドさんの話を聞きながら、ホテル立山みくりが池温泉までの道中で2羽のライチョウを発見。

ライチョウの鳴き声や飛ぶ姿も見られて大満足!

doubutsu-koduretabi.hatenablog.com

室堂からは富山側へ通り抜けせず、扇沢へ戻り、帰路につきました。

子連れ立山黒部アルペンルートの注意点

今回は小学生2人に4歳児と、子ども3人を連れての立山黒部アルペンルートでした。この旅行で気づいた点をシェアします。

荷物はリュックで!ベビーカーはNG

アルペンルートでは階段が多く、スーツケースは厳しいです。両手が開くリュックがおすすめです。

我が家は1泊分必要なものを厳選し、リュックに詰めていきました。小学生以上はそれぞれの荷物を自分で持ち、4歳児の荷物は大人が手分けしました。

小さい子はベビーカーではなく抱っこ紐がいいでしょう。でも、子ども自身がしっかり歩けるようになる3歳以降がおすすめです。

靴はトレッキングシューズか長靴で

雪の大谷をヒールで歩く観光客を見かけましたが…階段も多いし、室堂の遊歩道は6月まだまだ雪が残っているのでは以下っとのトレッキングシューズか長靴がいいです。

ちなみに、ホテル立山宿泊者は長靴を貸してもらえます。子どもサイズも15cm〜ありますよ!

重ね着が基本!風を通さないジャケットを

6月の立山は、扇沢で汗ばむ陽気でも、標高の高い室堂ではダウンが必要な冬の寒さでした。また、寒くても歩いているうちに暑くなることもあります。重ね着で調整しやすい服装がおすすめです。

おすすめは薄手のダウンに上下セパレートのカッパ。風や水を通さない素材がいいでしょう。手袋もあると便利です。

子どもたちは、ロンTにスノーウェア上下で雪遊びしていました。

f:id:morityon:20210825135818j:plain

長靴とソリはホテル立山で借りられます(宿泊者のみ)

切符はWebで事前購入

繁忙期には長い行列ができるという立山黒部アルペンルート

切符は事前にWebで購入がおすすめです。乗車時間を指定できるし、扇沢駅の発券機で簡単に発券できます。

立山黒部アルペンルート オフィシャルガイド